超レトロなジャイロトニックマシン

フィンランド国立バレエ団にある古っるいジャイロトニックマシン。
長野スタジオにあるマシンより断然古るっ
画像
八角形のハンドル部分。
全体は長野や東京スタジオにあるマシンよりも少しコンパクトに感じました。
画像
このマシンは昔々ジャイロトニックの考案者ジュリオ・ホバス氏が置いていったものだとか
かなり初期のマシンなのでしょうか??調整の仕方が分からないのもありますが…正直、微調整がしずらく使いにくい。改良に改良を重ね現在のマシン(デザイン)に辿りついたのでしょうね。
画像
いつか会えるであろうジュリオのエネルギーをハンドル回しながら感じてみたりして
画像
真理子さんは若いダンサーのプライベートセッション(60分)
どこに行っても必要とされる真理子さん 見習わなければ



そう
このマシンがあったからフィンランドに住む真樹さんと出会えたのです
そして…
このマシンがあったからフィンランドまで来ることができたのです。

超レトロなおじいちゃんマシンに感謝
ってかジュリオに感謝か


"超レトロなジャイロトニックマシン" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント