ヘルシンキで舞台を観る

フィンランドに来るきっかけとなったフィンランド国立バレエ団のプリンシパル 中川真樹さん
彼女との出会いは2011年の夏
ジャイロトニックのプレトレーニングを一緒に受講したことがきっかけでした。
その時のブログ

ただ漠然とフィンランドに行ってみたい…と思っていたことが実現し、今回オペラ劇場で彼女が立つ舞台まで観せていただきました
画像
鑑賞したのはバランシン、フォーサイス、キリアンの3人の振付による3作品。
音楽も踊りも演出も斬新で、真の芸術を観る目を養っていない私が観るのが申し訳ないぐらい…
身体で表現する“芸術”を観た気がしました。
画像
作品と作品の合間には休憩が20分ほど。
全ての人がロビーに移動し、カフェやビュッフェで楽しんだり、今観た作品についてシャンパンやワインを飲みながら歓談 まるで大人の社交場

日本と違って国を挙げてバレエ芸術を支援しているフィンランドは期間中、毎日公演が行われるため、仕事として舞台に立つことで生活もできる国であり、国民もバレエ鑑賞を生活の一部のように親しんでいるようでした。


-------------------------------------------------------------------

真樹さん、この特別な作品の初日を前に押しかけてしまい、ごめんなさいね。
素晴らしい舞台でした そして大好きな踊りを仕事にしているとはいえども、日本を離れ異国の地で何十年も強く生きていることに尊敬します。

帰りの空港では感極まって何も言葉にはできなかったけど…
人生いろんなタイミングで人や作品に出会ったり、それによって大きな動きがあったり、そこにはちゃんと意味があるのだと思います。

真樹さんの存在、踊りは日本人の誇りです
これからの活躍も楽しみにしています

佑介さんもありがとう 何から何までお世話になっちゃって…
居心地の良すぎるsweet homeでした
画像



この記事へのコメント

真樹
2013年03月05日 21:27
裕子さん!
会いに来てくれて、ありがとうございます。とっても嬉しかった。
そして心強かったです!
思い立ってMMKにメールをした日のことを思い出していました。あの行動を起こさなければ、裕子さんとも会うことはなかった、今はなかったんですよね。
運命、ですね(笑)これから長い長い付き合いになっていくと思いますが、宜しくお願いします。
改めてー、本当に楽しくて、優しい時間をありがとうございました。
裕子さんに出逢えて良かった!!!
yuko
2013年03月21日 14:07
真樹さ~んコメントありがとう!
もうあれから1ヶ月。ヘルシンキは春の兆しが見えてきましたか?
怪我には気をつけて 今度は日本で会えるかな…
凱旋クラスの計画もたてなくちゃ